CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
「しつもん仕事術」松田充弘著
0

    会議では司会進行をする立場で、
    他部署の意見を上手に聞き出し、
    みんなが少しでも発言する機会を増やし、現場の声を多く引き出せるよう
    「聴く」技術を養うために、以前セミナーへ行ってきました。

    今回は「しつもん仕事術」を読んで
    これからの会議&打合せに役立てようと思います!

     

    ガリレオ・ガリレイ
    「人にものを教えることはできない、自ら気づく手助けができるだけ」
    >>教えられたことは身につかない
    自分で考えさせて気づかせる
    自分で悩んで気づいたときに成長できる


    質問者に身につけてほしい6つのポイント
    1.聞き上手
    2.まずは話を受け止め否定しない
    >>「へぇ〜」「そうなんだ」「なるほど!」または相手の言葉を反復する
    3.「できないを克服」ではなく「できるを伸ばす」
    >>「うまくいっていることは?」→「いいね!」
    4.どんなときも応援する
    >>「私にできることがあれば何でも言ってください」
    5.こまめにねぎらう
    6.自分自身を満たすことを忘れずに


    【魔法の質問】

    1.「今、何がうまくいってる?」(ほめる材料を引き出す)

    書類・課題等が提出されたとき
     崕駑爐できたね」(事実)
    ◆崕かったよ」(感情)
    「よくやったね」(賞賛)

    +α「今、解決しなければならない問題は?」
    「どのようにすればその問題は解決すると思う?」
    (一緒に解決策を考える)


    2.モチベーションをあげたいとき
    「終わったとき、どんな状態になっていたら最高?」
    (目的を明確化して「行動の質」と「スピード」を上げる)

    +α「そのためにあなたができることは何?」
    「いつまでに、何を、どんなふうに取り組みたい?」

    3.「どのようにしたらうまくいくと思う?」
    (具体的にしていく)

    +α「うまくいかないとしたら、何が原因だと思う?」

    4.アイデアや提案が出てこないとき
    「何の制限もないとしたら、どんなアイデアがある?」
    ・立場に関係なく考えたら?
    ・実現できるかどうかは考えずに

    5.「どんなサポートがほしい?」
    (全面的にフォローする姿勢をみせる)

    +α「何を変えればうまくいきそう?」
    「あなたが変わることは何?」

    | - | 18:12 | comments(0) | - |
    「会議&打ち合わせの時間を半分にする理論的な伝え方」
    0
      今まで当たり前に打合せをしてきたつもりだったけど
      部長にどうだった?って質問されると明確に答えることができず
      アレ、何も決まってなかった!?
      みたいな状況に陥ることが多くなってきた。
      打合せの回数や時間だけが多くなってきている中で
      しっかりと話した内容を把握し、みんなで次に進むためにも
      無駄な会議を減らしたいと思い、この本を手に取りました。
      〜私が着目した内容まとめ〜
      【わかったつもりの言葉の意味を確認する】
       ・しっかり/きちんと >>何をどれくらい?
       ・あれ/その/あの
       ・徹底/強化/集中/優先 >>何をどう徹底するの?
       ・検討する >>何をどの範囲までどれくらい検討するの?
       ・とりあえず

       ・ざっくり/ほぼほぼ >>具体的にどこからどこまで?

       ・調整次第 >>何の調整?
       ・さらなる/より一層/なるべく/できる限り/必ず/一生懸命
       ・意識をもつ/主体性をもつ/自分事としてとらえる
       ・努力/頑張る/挑戦/創造/価値提供

      【形容詞に注意】
       ・良かった
       ・早く >>今すぐ?明日?
       ・もう少し >>何を何と比べてどれくらい?
      【何を聴かれているのかをはっきりさせる】
       ・聞かれていることにダイレクトに答える >>何をどのように問われているのかきちんと把握する(5W1H)
      【境界値をすり合わせる】
       ・第一 >>第二は?
       ・まずは
       ・とにかく >>その他は?
       >>次のステップを確認する
        そこに至るまでには何をどこまですべきか確認する
      【話した後、相手がどうするか聞く】
      いつ、何をしようと思っているのか、まだ不安な点や、不明な点はないか、あるなら追加で質問する必要がある。
      相手がその話を先方の社内で話したら、誰に何を言われるか、何が起こるか事前に考える。
       ・この後進める際に、○○なことが起こりませんか?
       ・社内で○○といった反対意見も出るように思うがその説得材料は今日の内容で十分ですか?
       >> ×「思考を一致させないと、相手の行動も一致しない」
            〇「行動レベルで一致させると、思考一致してくる」
      【程度を表す言葉は一度数値で定義する】
       ・ミスの撲滅>>どれくらいの期間で何回?
       ・意識の徹底
       ・行動の強化>>どれくらいのレベル?
       ・意識の改革
       ・気持ちの一体感
       ・認知の徹底
       >> ×「わかりやすく簡潔に答えてください」
          〇「1分以内で伝えてみてください」
      【主語をはっきりさせる】
      主語は省いて曖昧にさせるとかえって非効率になる
      【目的・目標・手段をはっきりさせる】
       目的:したいこと、すべきこと
       目標:目的のための、しるし・道しるべ
       手段:目的の途中にある目標をクリアしていくための「やり方」
       >>「価値」や「条件」により適切なものかどうかを確認する
       価値:やる意味、やりがい、やって手に入れられるもの、
          達成したときに何に繋がるのか、何が得られるのか、
          を考えることで妥当性を確かめられる
       
       条件:本当に実現可能か、変更すべきか
      | | 18:59 | comments(0) | - |
      「産廃処理が一番わかる」上川路宏著
      0

        世界のごみ問題から

        日本の産業廃棄物の処理事情がどのようになっているか

        知るために読んでみました。

         

        が、興味を持ったのはこれとは関係ありません(笑)

         

        その中で、排出事業者が適切な委託業者を選定するための

        判断基準が載っていました。

         

        項目としては以下の5つ

        1. 事業の継続性
        2. 遵法性
        3. 事務能力
        4. 処理方法・内容
        5. 処理後の廃棄物の処分方法

         

        私が注目したのは、その確認方法

        • 書類確認
        • 現地確認
        • 面談

         

        やっぱりそうだよ!

        私の周りでは書類確認で済ませていることが多い...

        改めて、現地で実際に見ることや現物を見ることは

        判断基準として大事なことだと認識しました。

         

        個人的には、大事な順番は

         

        現地・現物 > 面談 > 書類

         

        だと思う。

         

        「>」を不等号ではなく矢印で考えても

        この順番でフィルタがかかっていって

        最終的に美化されたり、本当の問題が見えてこないと思う。

         

        自分のこれからすることも改めてこれを意識して

        周りにも書面上の数字でしか見ていない人にはどんどん聞いてみようと思う。

         

         

        JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本

        | | 17:07 | comments(0) | - |
        財布を購入しました Ryu
        0

          10年くらい同じ財布を使ってる。

           

          30歳になって、カード類が増えていった結果

          適当に入れておくとファスナーが付いていないので

          カードが鞄の中で散らばっていることが多くなってきた。

           

          大事なカードがいつの間にかなくなっていたらどうしよう...

           

          っていうことで

          酒々井プレミアムアウトレットで探しに行ってきました!

           

          もちろんファスナー付きの(笑)

          何店舗か見ましたがこれといったものがなく、

          また今度でいいかなと思っていたら

           

          通路の真ん中に革製品を販売しているワゴンがあったので見てみました。

           

          Ryuってブランドで、イタリアの伝統製法「バケッタ」で作られているようです。

           

          私、最近、革製品にはまってるんですよね!

          買ったときよりカッコよくなるし、愛着わくし!

           

          実際に1年以上使用したものを見せてもらったら

          ものすごい光沢が出てきてどれもすごかった!

           

          私は黒か紺を探していたのですが

          実際に見て感動したのは赤!

           

          1年経過したサンプルはもう赤じゃなくて渋いワインレッド

          これ見せられたら赤だろ〜って思って買いました。

           

          値段は27,000円で革製品の割にそこまで高くないことも

          買うきっかけになりました。

           

          ↓↓これが実際に買った財布

           

          1回デリケートクリームを塗っていますが真っ赤です(笑)

           

          これが1年後どんな色になるか

          手入れしながら変化を楽しんでいこうと思います。

           

           

          JUGEMテーマ:買ったもの

          | 買い物 | 17:11 | comments(0) | - |
          人間関係を深める「聴く」技術
          0

            会議では司会進行をする立場の私。

             

            他部署の意見を上手に聞き出し、
            現場のイメージをより具体的に共有したいといつも考えています。

             

            しかし、最近ではテレビ会議が多くなり、互いに顔を合わせて話ができないため
            難しくなってきているなと感じています。

             

            少しでも発言する機会を増やし、現場の声を多く引き出せるよう
            「聴く」技術を養いたいと思いました!

             


            まずは会社で契約しているセミナーへ

             

            聞き手がわざと話し手の方向を向かなかったり、
            まったく反応しなかったり、別の作業をしたり、
            寝た(ふ)りする実習がありました。

             

            たった1分ですが話し手は途中で話をやめたくなるほどダメージを受け、
            聞き手も話の内容が入ってきませんでした。

             

            話をする際に人が与える影響の87%が「視覚」だそうです。

             

            テレビ会議のとき、これに近い状況であることに気づきました。

             

            テレビ会議の中でも実践できそうなことは、
            ・相槌(できるだけ大きな)
            ・促し
            ・オウム返し(相手の言ったことを繰り返す)
            など、
            声に出してリアクションすることでした。

             

             

            相手のひとつひとつの発言にしっかりとリアクションをして、
            確認の意味も込めて繰り返すことから初めていこうかなと感じました。

             

             

            JUGEMテーマ:セミナー情報

            | セミナー | 20:00 | comments(0) | - |
            「一生モノの人脈力」 キース・フェラッジ
            0

              自分のやりたいことを始める、

              自分の知らないことに飛び込むときって

               

              誰かがやった活動や実績を参考にするし、

              そういった人が周りにいて相談できればすごくいい。

               

              でも自分にはそんな人脈はないし...

              これからでも作っていくしかない!

               

              だから「一生モノの人脈力」 キース・フェラッジ著

              を読んで、今からでも

              自分の興味のある分野に長けている人や

              アドバイスをくれる関係を築いていきたいと思います!

               

               

              私がこの本の中で注目したのは、

               

              他人を助けること、自分から進んで他人に助けを求めること

              の2つをバランスよく実行すること

               

              人脈は互いにニーズがあるからこそ成立する

               

              ということです。

               

              私は、自分から進んで助けを求めることが多いですが

              相手を助けたり、情報をプレゼントしたりすることは少なかったです。

               

              これはあまり自分が人に頼られない人間なのかな

              と、はじめは思いましたが

               

              そもそも

               

              自分に他人を助けられる力があると

              認識してもらえる努力をしていなかったと感じました。

               

               

              自分が持っている情報って

              周りにいる人は知っていることかもしれないけど

               

              自分の言葉で表現するだけで

              情報から、はじめと違う意見になります。

               

              自分が持っている情報を意見に変えて

              相手にプレゼントするところから始めてみようかな。

               

              意見を求められたり、質問されたりする人間にならないと

              何も始められないですね

               

               

              JUGEMテーマ:自分を高めてくれた本

              | | 23:26 | comments(0) | - |
              武井壮 〜大人の育て方を見て〜
              0

                別のYouTube動画を見ている中で

                武井壮さんの「大人の育て方」がマジすごいエクステンション

                っていうコメントがあったので早速見てみた結果、

                 

                 

                自分の中で何か詰まっていたものが少し取れた気がしました。

                 

                 

                内容を簡単に言うとこんな感じ

                 

                • 自分の体を思ったとおりに動かす方法
                • 人の価値は人が求める数で決まる
                • 自分に知識のプレゼントをする

                 

                 

                自分の体を思ったとおりに動かす方法


                 

                スポーツはギャンブル...

                ここまでずばっと言われたら、自分はどうなのか考えざるを得ない

                 

                自分の目に見えていないところで自分の体は

                思った通りに動かすことができない、

                目を閉じたまま腕を水平に上げることもできない、

                 

                 

                自分が話をするときどのように見えているんだろう、

                自分がやっていることを周りはどう考えるだろう、

                 

                理想通りの話し方ができているのか、

                思った通りのリアクションが返ってくるか、

                 

                確かめたことすらなかった。

                 

                 

                 

                人の価値は人が求めてる数で決まる


                 

                趣味でやっているだけない自己満足でも構わない

                でも自分の仕事は誇りをもって誰かの役に立っているといいたい

                 

                 

                今、自分のしていることは、どこの人が、どんな人が、どれくらいの人が

                必要としてくれているだろう

                 

                それをこれからは具体的に理解していかないと

                満足感、使命感はどんどん薄れていってしまう。

                 

                 

                動画にあるように、

                自分の努力の方向性を間違ったままにしないためにも

                自分の努力の利益率を上げるためにも

                 

                 

                 

                自分に知識をプレゼントする


                 

                武井壮のほかの動画も見てみたが

                勉強することが好きなんじゃなくて

                勉強をして少し成長した自分が好き...

                 

                オードリーの春日も筋トレをするのが好きじゃなくて

                筋トレして今日よりも少し良い自分になることが好きで

                「明日の自分へのプレゼントポイント」なんて言って筋トレしてたっけな〜

                 

                どちらも成し遂げた後の自分をしっかり意識・イメージしてるんだなと

                将来の前に明日の自分の積み重ねなんだなと痛感した。

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:夢・目標

                | - | 21:46 | comments(0) | - |
                ハネムーン記 〜モルディブ リリィビーチリゾート&スパ〜
                0

                   

                  2018年4月14日から4月21日までの8日間で

                  最近ハネムーンで流行りのモルディブへ行ってきましたkyu矢印上

                   

                   

                  癒しを求めてリゾート地にするか

                  世界遺産をたくさん見れる観光地にするか

                  とっても迷いましたが、

                  きっとハネムーンでしか行けないかなと考えてモルディブに決めました手

                   

                   

                  現地で過ごしている最中や帰ってきて思うことは

                  遊ぶにもけっこう体力がいるアセアセってことですエクステンション

                  (私がはしゃぎ過ぎただけかもしれませんが...)

                   

                   

                  モルディブの小さな島々は、ひとつの島にひとつのリゾートホテルという感じです。
                  よって、モルディブ旅行はホテル選びで100%決まってしまうといっても過言ではありません。

                   

                   

                  そういった中で私がリリィビーチリゾート&スパに決めた理由は

                  1. 水上コテージ
                  2. ハウスリーフの綺麗さ
                  3. ドロップオフの近さ
                  4. マンタ&ジンベエザメに会える
                  5. オールインクルーシブ

                  です。

                   

                   

                  行き方も大きく3つあり、

                  • エミレーツ航空利用のドバイ経由
                  • シンガポール航空利用のシンガポール経由
                  • スリランカ航空利用のコロンボ経由

                  私たちはここに予算をかけるつもりはなかったため

                  一番お安いスリランカ航空を利用しました。

                   

                  飛行機で見れる日本語対応の映画があるか不安でしたが

                  しっかりタッチパネルにも対応してるし、

                  わざわざ映画館まで行かないかなっていう作品が見れて、意外と楽しめました。

                   

                   

                   

                   

                  機内食はすき焼きご飯とスリランカらしくカレーライスでした。

                   

                   

                   

                  ハネムーナーにはこんなケーキまでkyuきらきら

                  これがめちゃめちゃ甘いんよ〜マジで汗

                   

                  CAさんがこのケーキの箱を10個くらい持ってハネムーナーへひとつずつ渡していました。

                  ハネムーナー多すぎやろゆう★

                   

                   

                   

                   

                  ホテルにつくと日本語で書かれたパンフレットが渡されました。

                  このパンフレットからアクティビティやスパを予約して

                  滞在期間中のスケジュールを立てていきました。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:海外旅行 総合

                  | 旅行 | 12:24 | comments(0) | - |
                  やりたいことをやる!
                  0

                    ブログ開始わらう

                     

                    20代で自分なりにやりたいことをやってきたつもりだったけど

                    ちゃんとした目標がないまま、

                     

                    日々の仕事を理由にしてだらだらして、

                     

                    ここまできてしまった感じです...泣き

                     

                    大きな目標に向かって、細分化した小目標を立てて

                    自分の興味のあるものに対しては後悔しないように取り組む

                     

                    なんかまだまだ曖昧なこと言ってますが

                    とにかくやってみよーーー筋肉

                     

                     

                    JUGEMテーマ:お知らせ

                    | - | 12:39 | comments(0) | - |
                    | 1/1PAGES |